競走馬の生産牧場で幼少期を過ごすと、普通では経験できないたくさんの経験をすることができます。
それは、競馬に詳しくなるということだけでなく、人生をより豊かにする知恵を学ぶこともできます。
幼い頃にたくさんの競走馬と接することで、馬に慣れることができるので、それにより、馬の気持ちがわかるようになります。
そうすることで、馬の世話をしやすくなり、結果的に、馬と人生を共にすることになった時に、仕事が充実したものになります。

栗毛の馬には、独特の魅力があります。
馬の種類はたくさんありますし、人によって好みはわかれますが、栗毛の馬は優しい色合いの為なのかわかりませんが、親近感がわきやすいです。
競馬場に行っても、特に栗毛の馬には自然と目が行ってしまいます。
中学時代は馬術部に入部することになり、幼少期からの乗馬の経験もプラスになり、エースとして活躍します。
馬術部というのは、競馬のような競走と違って、馬を乗りこなす技術が大切なので、
小さい時にたくさん馬と遊んだ経験がそのまま生かすことができます。
なので、ずっと馬と暮らしてきた人生がそのまま技術に反映されるので、それはとてもアドバンテージになります。
中学卒業後に競馬学校に入学すると、学校での毎日は非常に厳しく、周りのレベルも高くてついて行くのが難しく挫折してしまいます。
自分にとって生活の一部である馬で中学時代はエースとなりますが、人生初の挫折も馬であるということに、生きることの奥深さを感じます。
競馬学校で騎手を志す人達のモチベーションの高さは、人生にとって非常に勉強になりますし、刺激にもなります。
このような挫折を味わったことで、人生の深みを知り、競馬の奥深さを痛感しました。
生まれ故郷の競走馬生産牧場でダービー馬を生産するのは簡単なことではありませんが、
ダービー馬を育成するという夢を持ちながら仕事をしていくことは、非常に人生に彩りをそえるものになります。
もちろん、生まれ故郷の牧場よりもレベルの高い牧場はたくさんありますが、
馬は生き物であり、競馬というものは何が起こるか最後までわからないものなので、ダービー馬を育成することも、決して不可能なことではありません。
馬が生き物である以上、愛情を持って毎日馬と接することで、必ず馬にその情熱は伝わります。
なので、目標を達成する為には、モチベーションを高く持ち、ダービー馬を生産するという情熱と馬に対する愛情を誰よりも持ち続けることが大切になります。

そんな愛情をたっぷり注いだ馬が優勝するのは、ファンや騎手は勿論、育成した牧場もひとしおな物です。
楽しんで予想できる競馬サイトを利用すれば、ドキドキワクワクしながら、競馬を楽しめます。
単調に予想するだけではなく、新たな楽しみ方としてオススメします。